シーバックソーンには貴重な油が?オメガ3と呼ばれる美容・健康栄養素


シーバックソーンには「よい油:オメガ3」も含まれています。

シーバックソーンのオイルが健康食品や化粧品につかわれています。
なぜ?油が?と思われる方もいることでしょう。

果物の油といわれても、ピンとこないかもしれませんが、シーバックソーンには果実油と種子油があり、オメガ3系脂肪酸という有益な油がおおく含まれています。

 

油(脂肪)には大きく分けて

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

があります。

飽和脂肪酸は動物性の脂肪で、壊れにくい性質を持っています。お肉の脂はなかなかさらさらに溶け出さないですよね?

飽和脂肪酸は体内で合成できるため、必ずしも食事からとる必要はありません。動物性の脂肪のとりすぎは生活習慣病を引き起こすことがあり、摂りすぎに注意しなけれななりません。

minced-meat-602841_640
美味しそうなんだけど、悪い油だらけの肉料理

 

逆にシーバックソーンに含まれる不飽和脂肪酸は、植物や魚に多く含まれています。

魚の油はさらさらで、流れやすい。
ということは「身体にたまりにくい」性質があります。

さらに不飽和脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」とさらに細かく分類されます。

 

オメガ3系脂肪酸の役割はアレルギー抑制

オメガ3系脂肪酸は

  • アレルギー抑制
  • 炎症抑制
  • 血栓抑制

などのはたらきがあります。

そしてオメガ6系脂肪酸は逆に

  • アレルギー促進
  • 炎症促進
  • 血栓促進作用

があります。

オメガ6過多の食生活がアトピーや花粉症などのアレルギー症状の悪化させます。

現代人にアレルギーがどんどん増えていくのは、
マーガリン、ショートニング、菓子類などに含まれるオメガ6系脂肪酸に要因があるかもしれません。

シーバックソーンに含まれるオメガ3系脂肪酸は「アレルギー体質」に悩む現代人にとって、一番必要で、一番不足している栄養素なんです。

woman-699001_1280
シーバックソーンで、いやなアレルギーもすっきりする?

 

オメガ3系脂肪酸が「うつ」を抑制する??

「気分障害や認知症、うつに対して有効性が示された」という発表が、第105回日本精神神経学会でありました。

オメガ3系脂肪酸は魚に多く含まれています。日本は魚の消費量が多く、うつ病発生率が低いとされていましたが、近年は食の欧米化、ハンバーガーなどの悪い油の摂取過多。
酸化した油による揚げ物中心のお弁当などの取りすぎにより、オメガ3系脂肪酸の不足した国になってしまいました。

同学会では

  • オメガ3系脂肪酸を統合失調症の予防的に摂取する
  • オメガ3系脂肪酸を国が推奨食品として児童や妊婦に与えている

という事例を発表しました。

 

魚を毎日食べる食生活は、日本人の身体、特に消化器官にはあってるのです。食の欧米化とはいってもまだ数十年のこと。オメガ3系脂肪酸を含んだシーバックソーンは、現代人を救ってくれるかもしれません。

気分の落ち込みもシーバックソーンの油でスッキリ?
気分の落ち込みもシーバックソーンの油でスッキリ?

 

オメガ3系脂肪酸はどんな美容効果が?

オメガ3系脂肪酸は体内に入るとDHA・EPAと呼ばれる成分に変換されます。サプリメントでよく見る成分ですよね。DHA・EPAは細胞にとってとても大切な栄養素なんです。

 

炎症をとめる作用

ニキビや肌荒れ・赤みといった肌トラブルは皮膚の炎症によるものオメガ3系脂肪酸を摂ることで抗炎症作用が働き、がさがさ肌などのダメージを予防し、改善する効果が期待できます。
悪い油はよくないですが、よい油をとることも肌を美しくする方法のひとつです。

 

肌代謝を促進させる

オメガ3系脂肪酸は肌代謝を促進します。
肌の細胞が古いものから新しいものへとスムーズに生まれ変わる「ターンオーバー」が正しいリズムで行われると、いつも生まれたてのお肌でいることができます。老廃物をためていては肌はくすみ、張りがなくなり、みずみずしさがなくなります。
老廃物をきれいに捨てて、肌美人に。

美容マニアなら喉から手が出るほどほしい美容成分「セラミド」も、肌の代謝を促進することで生まれます。セラミドは皮膚からの水分蒸発を防ぎ、肌の潤いを保つ効果があります。

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s
何よりも欲しい!はだのうるおい

アンチエイジング(抗老化)

オメガ3系脂肪酸は女性ホルモンのバランスを整えます。女性ホルモンのバランスが整うと美肌に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の生成が活発化されます。
皮膚のシワやたるみの原因である「細胞の老化」を未然に防ぎ、美肌を保つことができます。
女性ホルモンは自律神経とも密接にかかわってきます。女性ホルモンの分泌が整えられることで、自律神経のトラブルも改善されます。

 

冷えによる血行不良を改善

オメガ3系脂肪酸は血小板の凝集を抑えます。血管をやわらかく強くしてして血液のめぐりを良くするはたらきがあります。
体全体の巡りが良くなると、栄養もいきわたり、老廃物の回収もスムースになります。
当然、肌細胞の循環も良くなり、冷えによる血行不良からの肌のくすみを改善します。

 

023
めぐりがいいと、いろいろ改善される

 

オメガ3系脂肪酸がたっぷりのシーバックソーンのオイル

シーバックソーンのオイルを使った化粧品がいろいろ出ています。