シーベリー(シーバックソーン・サジー)は●●をキラキラさせる?


【シーベリー】奇跡の果実がとうとう日本でも栽培成功?

シーベリーの学術名はヒッポファエ・ラムノイデス。馬をキラキラさせるという意味を持っています。

2億年以上も前から地球上に存在したといわる古い歴史を持つ植物のひとつです。

原産地は中国からヨーロッパ。中国では サジー、ロシアではオビルピーハと呼ばれています。

日本では果実をピューレにしたものが「サジージュース」と呼ばれ、美容と健康に優れた効果をもたらすといわれています。

シーベリー(サジー)は旧ソ連時代には国家事業として扱われ、 宇宙飛行士の食事や宇宙線からの保護クリームとして利用されていました。

宇宙からの強い紫外線対策にシーバックソーン
宇宙からの強い紫外線対策にシーバックソーン

 

 

シーベリー(シーバックソーン・サジー)が北海道で栽培されている?

シーベリー(シーバックソーン・サジー)はモンゴルや中国、カナダなど世界各国で栽培されていますが、きびしい環境を好んで成育し、より苛酷な環境で育つもののほうが優れた栄養価があるので、日本ではなかなか栄養価の高いシーベリーは栽培されませんでした。

近年、北海道の一部で「シーベリーの栽培に成功」というニュースが流れました。

栽培されて収穫されたシーベリーは果実そのままを食べたり、パンに塗るジャムや果実フルーツソース、シャーベットなどが作られているようです。

なかなか生の果実を食べることができないシーベリー。栄養価は内モンゴル産やロシア産より劣るとは思いますが食べてみたいものです。

北海道ではシーバックソーンが栽培されてる
北海道ではシーバックソーンが栽培されてる

 

 

シーベリーの味は?微妙・・・

MG_2100-e1466664529571
すっぱくて、えぐい?シーバックソーンの味

味は甘味もありますが、酸味と渋味が強いです。すっぱい!えぐい!という感想が多いようです。100%ジュースが健康にいいとは判っていてもそのままだと続けられないという人が多いのも納得です。

ジャムや加工品より、ジュースのほうが栄養価も下がらず、ダイレクトに吸収されるから理想的なんでしょうけど。

果実にはビタミンCやビタミンA・Eが豊富。果物としては珍しく「不飽和脂肪酸」という油脂を含んでいます。